Epiphone Limited Edition Nighthawk Custom Quilt

なんとまぁおかしなことにエピフォンのナイトホークまで。写真 2019-04-28 12 34 36.jpg

カラーはトランスペアレントブルー。

木目はまぁまぁ、塗装とかもそれなり。だけどフレットなどの弾き心地は悪くないです。

実は先日の赤い方のナイトホークはリアが断線していたようで音がおかしかったんですね。

ダンカンのPUをオーダーしてあるのですが届くまで結構掛かるのでその繋ぎにこれのPUをギブソンに移植してみようかと。

思ったんですが案外とこれが悪くないのでした。


Gibsonとの一番の違いはネックシェイプかな。

本家がストラト寄りのC、これは裏がフラット目なU型です。

Gibsonのキルトトップの再生産モデルでこのネックになったのかな?

これはこれで良くて、ブリッジミュートでズンズンやる系は弾きやすい。

逆にハイポジションでペンタ弾きまくり!みたいな時は幅が広く感じて慣れが必要かもしれない。

 

PUセレクターは再生産モデルと一緒です。

普通のHSHにコイルタップがついた形で昔の物よりずっとシンプルです。

この配列なので一見イメージがしづらいかもしれないですが、ハーフトーンも綺麗に出せて良い感じです。

歪ませたら最近のバンドマンが好きそうな音がしてる笑

 

音の傾向は整った、と言うかやや平面的ではあるかと。

Gibsonと比べると全体的に高音域が大人しいというか、ちょっとレンジが狭い感じがします。

しかしそのおかげでクセがなく音が作りやすいので音は意外と万人向けの感触です。


Gibsonとは別物です。

パーツが同じではないので正確な比較ではないかもですが、出てくる音の情報量が違う感じです。

Epiphoneは解像度は高くない。その代わり歪みが乗りやすくて気軽。

Gibsonはピッキングの反応やアンプの相性、設定がもうちょっとシビア。

そのおかげで1本で色々使える幅がある。

 

Epiphone侮りがたし。

ES-339とかも結構アリな音だったし最近のは安物っぽくない感じがします。

流石に比べたら細かい部分のコストダウンは分かってしまいますが、音は一昔前よりもずっと進化していてちゃんと使えますよ。

 

個人的にはやはりナイトホークはおすすめです笑

1本あると何かと使える。ややモダンなギターが欲しければEpiphone Nighthawk、良いですよ。

Fender Japan Traditional 60s Jazzmaster Pink Paisley

そういえばちょっと前にジャズマスターを入手しました。

フェンダーのエレキは初かも。写真 2018-10-01 14 18 04.jpg

すごい派手!!

フェンダージャパンのシリーズの中ではそこそこ高い部類に入っている物のような気がしますけど、なぜか半額以下で売ってました。

ぶっちゃけまだ使い所は探り探りかな~。

思っていたほどのクセはないものの、自由奔放なキャラクターに慣れるまでは少々使い込んで行かないと。


これは2018年製の新しいモデルなせいか、ちょっと今までのフェンダージャパンのイメージと違うところもちらほら。

特にロゴとか。

写真 2018-10-19 0 48 14.jpg

デカールが見た感じでわかります。

塗装の下に貼ってあるイメージがあったけど、最近はこうなのかな?

そしてナットも牛骨でした。プラスチックじゃないのね。


クオリティ的には十分な感じです。

ジャズマスターの難点とされる部分が一切感じられないです。

弾き方のせい?ブリッジの溝が深いものに変更されてる?

弦落ちどころかズレもしない…。

チューニングの難も感じないっすね。

アーム使ってもズレない。

まだ買ってから調整もしてないけど問題はなさそう。

 

音色はもうフェンダージャパンのジャズマスターそのもの。それ以上でも以下でもなく笑

調べて出てくる動画とか信じて買って大丈夫だと思いますね。

このデザインだからといって特別音色が違ってくるわけでもないです。

写真 2018-10-19 0 47 58.jpg

とにかく可愛いので色んなところで使っていきたいですねー。

 

Bigsby B7装着!

TomHolmesのレスポールタイプに取り付けました!写真 2018-06-12 3 54 42.jpg


BIGSBY ビグスビー トレモロユニット B7C

【国内正規品】 VIBRAMATE ヴィブラメイト / V7-LP ( ビグスビーB7専用マウント・キット Les Paul®対応 クローム ) [ V7 C ]

VIBRAMATEを介しているので装着自体は苦労しませんでした。

特別いじったのはストラップピンの位置くらいですかね。

“Bigsby B7装着!” の続きを読む

S. O. S. サウンドオフセットスペーサー エレキギター用

写真 2018-06-02 6 41 28.jpg

S. O. S.」 サウンドオフセットスペーサー というパーツをお試ししてます。

内容はこちら。

今までの常識ではフレット楽器のピッチが合わないのは構造上仕方のないことだとだれもがあきらめてきました。でもS.O.Sは簡単な取り付けで、しかも大幅にピッチを補正してしまうのです!

MTS<ミネハラ・チューニング・システム>理論(特許出願中)に基づいて作られたS.O.Sはチューニングに悩んでいたプレイヤーのストレスの本を取り除き、さらに楽器に美しいハーモニーをもたらします!


S.O.S.サウンドオフセットスペーサー エレキギター用 SOS-EG1

なるほど、装着するだけでピッチが良くなる(?)のね。

そんな単純に出来るもんなの?この値段で。

と、逆に興味をそそるいい感じの値段してますよね笑

“S. O. S. サウンドオフセットスペーサー エレキギター用” の続きを読む

Marshall The Guv’nor England

写真 2018-05-29 17 41 54.jpg

マーシャルのオーバードライブ、ガバナーです。

かなり古いペダルですが未だに愛用者の多いモデルですね。

韓国製とイギリス製で音が違うとか、値段が違うとか色々と言われているこのペダル。今の時代ではどうなんでしょう??

10年ほど前に自作エフェクターが流行した頃(みんなランドグラフ作ってた頃)は今で言うところの「アンプライク」なペダルがなかったせいもあるかと思いますが、絶大な人気があったように記憶しています。 “Marshall The Guv’nor England” の続きを読む