リフレットから帰ってきた

e58699e79c9f-2019-10-23-11-03-01.jpg

フレットはフリーダムのステンレス。スピーディのミディアムジャンボです。

JESCARまで行くとがっつりステンレス!!って感じがしてガラッと印象も変わるのですが、フリーダムのフレットはニッケルの延長の音色のような感じ。

ウォームもスピーディも特別硬質な音だとは感じないかな。モデル名は言い得てると思う。

e58699e79c9f-2019-10-23-11-03-11.jpg

ネックはオイルフィニッシュに変更。

ヘッド表面は残して他は塗り替えたそう。

響きはやっぱり多少オープンになりますね。でも元と比べてそこまで大げさに変化してないかも。

どちらかと言えばフレット交換とナット新造の影響の方が強く感じます。

触り心地は思ったよりもグリップ感あり。ジェルも塗ってあるのかな?

サラサラって感じではなくてつや消しのネックを弾き込んでツルツルになった感じと似てる。

ミュージックマンみたいな感じかと思っていたらちょっと違いましたね。


ステンレスのリフレットはかなりアップチャージになるところ手頃な価格で作業していただいて、概ね満足してはいたのですが、、

弾いてみると12Fより上が詰まる。。2弦の15Fベンドすると音が詰まる…など不具合が…。

おそらく17F-19F辺りの処理が甘かったのではと思います。

色々とセットアップも変えてみても改善せず、送り返して修正していただきました。

 

twitterに作業中の写真をアップされていたところ、どなたかにフレットの浮きを指摘されていたのも見ました。

あれがそのまま直さず手元に来たのなら音詰まりも納得してしまう…。

フレットサイドを見るとフレットのエッジ辺りで指板も少し削れていたりして。

手作業ですしある程度は許容しますが売りにしている部分がこの感じは少し残念です。

塗装が乗った指板でこれだったら思うと…。

フレットエンドの処理がどうの、とtwitterで絡まれていたらしい事もなんとなく知っていますが、他でもこの感じだったら文句のひとつもおかしくないだろうと思いますね。

磨きに使ったコンパウンドか何かの黒い汚れも結構残ってます。

オイルフィニッシュを得意とされているのに汚れや染みが残りそうな処理は如何なものか…。


一応ちゃんと弾けるようにはなったけどモヤモヤの残る結果に。

もしかするとこういう作業は有名メーカーの生産ラインで働いてから独立、とかのパターンの工房の方が丁寧かもですね。

さらにNighthawkあれこれ

オーダーしていたPUが先日やっと届きました。4か月くらい待ったか。

黒の方に59が載っているので今回は別パターンってことでSH-4、JB。

音はあまりJBっぽくないですね。

ナイトホークの特性の方が強く出てくるからあまりミドルのクセは感じないような。

ストラトにもjames tylerにも搭載できないNighthawk専用規格なので、JBのバリエーションとはいえこれをオーダーしてまで使う人はまずいないと思いますけど…笑

 

とりあえずこれが来たことで赤ホークは安心して使えるようになりました。

今まではエピフォンのPU(アルニコⅡ)を載せてたので違和感があった。やっぱりアルニコはⅤが好き。


最終的にはGibsonが2本とEpiphpneが1本になりましたとさ。

Nighthawks

エピフォンは役目を終えたので手放しました。

モダンで使いどころはたくさんある良いギターでしたが、うちにはもうGibsonが2本あるし…。

でも気軽なサブギターだったり他の人とは違うものが欲しい人には本当にオススメですよ。安いしね。

3本買ったけど総額は新品レスポールの1/3くらいじゃないかな…。


一通り触ってきて色々分かってきた。とりあえず、

  • ギブソンはケース付きで8万以内なら買い。以上ならよっぽど欲しくない限りスルー。
  • エピフォン新品なら3万台、中古なら3万切れば買い。
  • 2PUの方がオススメ。3PUは意外と万能じゃない。
  • リアはダンカンに替えると良い。汎用性がぐっと増す。
  • レスポールの代わりにはならないし、テレキャスターの代わりにもならない。

わざわざ探して手に入れるべきかどうかは微妙だ。でも好きなら異様にハマる。

自分はもう一本機会があれば欲しいと思う。アーム付けたいよね〜。

Epiphone Limited Edition Nighthawk Custom Quilt

なんとまぁおかしなことにエピフォンのナイトホークまで。写真 2019-04-28 12 34 36.jpg

カラーはトランスペアレントブルー。

木目はまぁまぁ、塗装とかもそれなり。だけどフレットなどの弾き心地は悪くないです。

実は先日の赤い方のナイトホークはリアが断線していたようで音がおかしかったんですね。

ダンカンのPUをオーダーしてあるのですが届くまで結構掛かるのでその繋ぎにこれのPUをギブソンに移植してみようかと。

思ったんですが案外とこれが悪くないのでした。


Gibsonとの一番の違いはネックシェイプかな。

本家がストラト寄りのC、これは裏がフラット目なU型です。

Gibsonのキルトトップの再生産モデルでこのネックになったのかな?

これはこれで良くて、ブリッジミュートでズンズンやる系は弾きやすい。

逆にハイポジションでペンタ弾きまくり!みたいな時は幅が広く感じて慣れが必要かもしれない。

 

PUセレクターは再生産モデルと一緒です。

普通のHSHにコイルタップがついた形で昔の物よりずっとシンプルです。

この配列なので一見イメージがしづらいかもしれないですが、ハーフトーンも綺麗に出せて良い感じです。

歪ませたら最近のバンドマンが好きそうな音がしてる笑

 

音の傾向は整った、と言うかやや平面的ではあるかと。

Gibsonと比べると全体的に高音域が大人しいというか、ちょっとレンジが狭い感じがします。

しかしそのおかげでクセがなく音が作りやすいので音は意外と万人向けの感触です。


Gibsonとは別物です。

パーツが同じではないので正確な比較ではないかもですが、出てくる音の情報量が違う感じです。

Epiphoneは解像度は高くない。その代わり歪みが乗りやすくて気軽。

Gibsonはピッキングの反応やアンプの相性、設定がもうちょっとシビア。

そのおかげで1本で色々使える幅がある。

 

Epiphone侮りがたし。

ES-339とかも結構アリな音だったし最近のは安物っぽくない感じがします。

流石に比べたら細かい部分のコストダウンは分かってしまいますが、音は一昔前よりもずっと進化していてちゃんと使えますよ。

 

個人的にはやはりナイトホークはおすすめです笑

1本あると何かと使える。ややモダンなギターが欲しければEpiphone Nighthawk、良いですよ。

Epiphoneの…

写真 2019-04-28 14 51 36.jpg

とりあえず教室に持って行ってみた。

ははは、、なかなか良い…パーツ取りで入手したつもりなのに…!!笑

今度3本弾き比べとかしたい。


これからしばらくレッスンにはこれ持っていくと思います。気になったらちょっと弾いてみてください笑

お問い合わせはこちらから!

ジャンク品?One Control / Strawberry Red Over Drive

先日たまたまジャンクで出てたStrawberry Red Over Driveをゲット。

写真 2019-04-16 8 33 30.jpg

パッと音出しした感じ、説明文にあったような難が無い笑

もしダメだったとして許せる値段だったのでこれは儲けものですわ。

ジャンク品は好きで色々見てきましたが、この手の小型ペダルで「音は出るけど何かがおかしい系」のジャンク品はだいたいハンダ割れとか断線、ジャックの故障が原因であることが多いように思います。

実際に心臓部がダメになってるパターンはあまり出会わないですね。

ハンダ割れとかパターン剥がれが一番多いかも、、ポットも基盤に直接付いている事が多いのでナットを締めようとして基盤から足を剥がしちゃったパターンとか結構見かける。

音が出る場合は希望アリ。間違ったアダプターでぶっ壊した場合は諦める、というのが賢い買い物かと。


せっかくなので自分が以前から使っている個体と弾き比べ。

写真 2019-04-16 9 31 38.jpg

同じモデルが2つ手元にあるのは珍しい…。

音は今回入手したものの方がやや重心が低い感じです。(左側)

以前から持ってた方(右側)はスッキリしていてクランチの抜けが良い感じ。

接続順やローカットなど試しても印象は同じだったので、個体差と言っていいかと。

そういえばBOSSのアナログ系コンパクトも新品でも意外と差があったような…。

もしかすると弾いてる人しか分からない違いなのかもしれないけど、確かに違う。面白いね!


何度でも言うけど、SRODはTS系のようにミドルに寄ったり原音が混ざったりな感じではなくてもっと使いやすいODです。

ブースト、クランチ、強めの歪みまでカバーしつつも基本的にはキレのいいきめ細か目な歪み。

シングルコイルのギターの方が相性良さげ。ノイズも少なくて良いっす。

商品レビューを鵜呑みにして問題ないと思います。超おすすめ!


One Control ワンコントロール エフェクター オーバードライブ Strawberry Red Over Drive


歪み物って悩ましいですよね〜

音作りのお悩みにもお答えします!レッスンお問い合わせはこちらから!

Gibson Nighthawk 再び…

再びというか

写真 2019-03-12 8 42 06.jpg

2本目です。

今度はピックアップもオリジナルの赤。

以前から使っている黒が本当にお気に入りでライブもレコーディングも稼働しまくり。

いつか赤も欲しいとは前から思っていたもので…。

レスポールは使わなくなったので手放して代わりに入手となったのです。

外見の状態はまずまず、年代相応というか。

写真 2019-04-05 17 25 40.jpg

でもフレットは減ってなくてこれから使うには全く問題なし。

電装系も問題は無かった。けどコンデンサーの音は微妙。やっぱセラミック好きじゃないかも。

 

黒とはもう別物!ってくらいに全然違う!

まず重い!ずっしりしてて音の方の重心も低く感じる。

黒はちょっと軽くてビンビン響く系なので違いがあって嬉しいです。

 

ピックアップは独特っすね。

リアのハムバッカーはシングル2つをくっつけた系の感触。分厚くなくローゲインでシャープな感じ。

フロントとリアのミックスが微妙。釈然としない音がしている。

ダンカンの59が付いている黒の方はその辺問題ないのでピックアップのクセっぽい?

2本比べてみて感じたのは、オリジナルのスペックでは確かに普及しそうにないなと笑

 

59が付いてる方は使い勝手が良いです。

ミックスポジションもイメージ通りの音がするし、何よりノーマルなハムバッカーの感触がありますからセレクターがやや特殊でも扱えるんですね。

 

オリジナルの方は「シングルコイルの増強版」な音なので扱いがちょっと違うんですよ。

イメージ的には「テレキャスターカスタムのギブソン版がナイトホーク」です。

そうやって手にするとしっくり来ます。「そりゃそうだよな」ってなりますよ。

 

あれこれ言っても結局、個人的にはデザイン含めて大好きなモデルです。

昨年のライブやレコーディングの85%くらいナイトホークですからw

これからも使って行くだろうからせっかく買った赤だけど、安かったし思い切ってリフィニッシュしても良いかな。なんて。


最近はレッスンの時に持って行ってます。きになる人は触りにきてね。

そんなレッスンお問い合わせはこちらから。利用スタジオ増やしました。

YAMAHA BB 424X

とりあえず普通に4弦が欲しくて入手。

写真 2019-04-04 2 36 41.jpg

前の世代の物で弾かれてなかった中古。だいぶ手頃でした。

BB 424Xってあんまり調べても出てこないですね。国内のレビューが少ない。。

 

しかし安くてもYAMAHA。弾きやすいし音もそこそこ。

ジャズベよりもがっしりしたネックとシンプルなコントロールが気に入りました。

基本的には制作で使いたかったのでこれで良い感じです。

プレベっぽい音も出せるし、ギタリストが1本ベースを持つならBBアリですよ。

指が置きやすいPUカバーもありがたい〜。

裏通しの弦のテンションも良い感じ?ベースの事はまだまだ分かんないけど。

 

音はバラつきなく出てくれるから変に意識を持って行かれず、楽です。でもベーシストからすると無難なのかも?

このまま高級になっていくのかと思うと高いモデルも気になります。


買ってレコーディングだけするのもあれなので動画撮りました。

ベースで弾ける曲のレパートリーは自分の曲以外だと少ないのでこれを。

いきなりスラップしてピックに持ち替えてと変な曲を選んでしまった…。

しかし相変わらず当て振りなしの一発勝負です。歪みを足したくらいでパンチインとかも無いです。

ちょっと音出しテスト

先日入手したMV 50を鳴らしてみた。

キャビは持っていないのでフェンダーの古いSideKickのスピーカーを使用。

歪みはPlexiToneのクローン。

10インチでも良い感じに鳴りますな〜。ギャッとくる部分なんか元のアンプじゃ綺麗に出ないですよ。

やっぱり真空管アンプですね。VOX MV50恐るべし。

実は先日のライブやレコーディングでもう現場で使っていたりするのですが、大活躍ですよこれ。

ボードのレイアウト変更

今までのはこれ。180513かねあいよよかレコ発0006

変更後↓

写真 2019-03-27 2 55 12.jpg

ZOOM G3を外してボリュームペダルを入れました。

内容としては、

こんな感じ。

歪みは最低でもODとDSが一台ずつ、そして音量をあげるブースターを入れるのが自分のスタイル。

黄緑のアメスピの箱はピック入れです。

写真 2019-03-27 2 55 22.jpg

本来は携帯灰皿かなんかだと思います。タバコ吸わないので貰い物。


スイッチャーを使ったシステムには憧れるけど実用性を思うとこの程度に収まりますよね〜。

コンパクトは入れ替えて楽しむのが醍醐味のようなところもありますし、欲張らないことがベストな気がする笑

Ayers SJ05 CX NH

昨年末に入手したアコギのお話。

AyersのSJ05、サイドとバックがオバンコールのモデルですね。

今まで使ってたYairiが不調気味だけど仕事があるので…というタイミングで思い切って買いました。

Martin、Gibson、Taylor以外が欲しかったのです。

エレキギターなら被っても気にしないんですけどね…。

アコギってどうしてもカラーバリエーションがあるわけではないから丸ごと同じモデルで一緒になりやすいのが困るんです。

他の候補はCole ClarkだったりFURCHだった。

どちらも好みのモデルが店頭になかったので候補から外れた。

そんな時に目に止まったのがこのモデルである。

写真 2019-03-14 15 55 08.jpg

右腕が当たる部分が丸くなっていてすごくフィットする。

決め手の一つはこれだった。他にないデザインな気もするしかっこいい!

写真 2019-03-14 15 55 36.jpg
サウンドホールの装飾も綺麗。

ピックアップはSky Sonic T-903。

マグネットと裏側のマイクのミックスができるモデル。

今まではL.R.Baggs Anthem SLを載せたギターを使っていたので、ピエゾではない音にまだ若干の違和感を感じるが出音はバッチリ。

ゆくゆくはAnthem SLになると思うけど、今はこれで楽しんでる笑


アコギにはそれほど詳しくないのであまり細かいことは分からないのですが、ハリがあって綺麗目な音だと思います。

Martinよりもしなやかで良いですね。あと若干ラフに弾ける気軽さを感じます。

しかしまだまだ響きが新しい感じなのでもっともっと弾いて成長させていきたいですね〜。