天華百剣 -斬-「万夜億夜のミツルギンナイト」

https://platform.twitter.com/widgets.js

「万夜億夜のミツルギンナイト」ギター弾きました!アラビアンロック!!!!


Kemper Rig Manager Ipad!

kemperの設定諸々を操作するエディターアプリのIpad版がリリースされましたね。

自分は別にPCで操作するのでも十分だろうと思ってたんだけど、タッチ操作でパラメーターが動かせるのって結構いいですね…。

地味にモーフィングの動きも表示されてたりでPC版より優れてる部分もあるのでは。

案外PC版とそんなに変わらない。

エフェクトを追加したり設定するときはマウス操作よりもやりやすいかもしれない。


インストール方法について。

公式のアナウンスが結構アバウトな感じで調べないとわかりにくくないですか。

なので自分がやった手順などを書き残します。誰かの役に立つかもしれない。。

まず最初にアプリをダウンロード。

https://apps.apple.com/de/app/rig-manager-profiler-editor/id1532734914

これはIpad専用らしい。wifiの設定の都合かな?

次にOSなんですが、ベータ版を使います。

https://www.kemper-amps.com/downloads/7/Operating-System-Beta-Versions

アップデートの項目じゃなくてベータ版のところからダウンロードしましょう。

OSが最新なのに上手くいかないと思ったらまずはここをチェック。

とはいえそのうち公式リリースされると思うんですけど、リリース直後の情報ということで。

インストールできたらこの動画の手順通りに設定します。

https://platform.twitter.com/widgets.js

kemper本体の「SYSTEM」から何ページか行くとwifi設定の項目が出てきます。

そこに表示されているQRコードを読み取ってwifiを繋ぐだけ。

ここで少し注意がありまして、コードの読み取りは動画のようにIpad内蔵の機能を使いましょう。

外部アプリで読み取ってもwifiの設定にはなりません。

正しく設定ができるとipadのwifi項目の中にkemperが出てきますので、そちらに接続します。

あとはアプリを立ち上げて操作するだけ!!

で、接続されない時は!!!

一度kemperの電源を落として再起動しよう

自分の場合はなぜかこれで正しく接続されるようになった。

wifiの項目が出ない場合はちょっとわからん。

知人のkemper(ヘッド型)は項目が出ないようだった。

「wifiが使えるのは2019年製から」ってどこかで見かけたんで、stageの発売前に製造されたものに関してはもしかするとサポートしていないかもしれない。

公式の映像ではヘッド型でも対応しているようだっただけに不思議ではあるのだが、OSの正式アップデートを待ってみるといいのかもしれない。


自分の場合は外出先で使うことが多そう。

ワイヤレスでギターとkemperを繋いでる人は客席から音を聴きながら微調整もできるね。

自宅使用の人もとりあえず使えるなら使ってみよう。

エフェクトの追加や入れ替えが楽ですよ。

毎回ポチポチ選ばずに済むのは地味に嬉しい。

特に不便に思うことは無いですね。

エディターがそのままipadに出てくるだけなので…笑

強いていうならアプリはwifi接続なだけにネットに繋がらないくらいか。

ipadを練習ツールとして使っていたりする人は微妙に使いにくいかもしれない。まぁそうなったらPC使え!

BOSS DD-7 タップテンポスイッチmod

デジタルディレイの定番、BOSS DD-7にタップテンポ入力スイッチを増設しました。

Tap Tempo modとかそんなふうに呼ばれているやつです。

これはもうめちゃめちゃ便利。

外部スイッチがいらないだけでこんなに使用感が良くなるとは。そりゃDD-20が売れるわけだ。

作業自体はシンプル。ケーブルの半田付けができる程度の技術があれば誰でも簡単にできる。

必要な部品はモーメンタリスイッチと配線材が2本。それだけ。

細かい作業はここのページがわかりやすいので、やってみたい人はチェックしてみよう。↓

一番苦労するのはおそらくケースの穴開けかと思う。

スイッチの位置は慎重に決めよう。でも意外とスペースに余裕はあるので下過ぎなければ多分大丈夫。

自分の場合はやや下気味、ナットがゴムに触れるかギリギリの辺りにした。

右上の「BOSS」のロゴ辺りにスイッチを付けているMODもよく見かけるけど加工がちょっと面倒。

別の回路を追加するとか、どうしても電池で使いたいとか思わない限り左でいいと思う。失敗リスクも低い。

加工に大型のドリルは必要ないが、最低限ハンドドリルとリーマーは必要になる。

ホームセンターで2000円もあれば足りるんじゃないだろうか。買ってもいいかも。あまり使い道はないけど。


あとはBOSSペダルいじる時の注意点が一つある。

「動作確認の際は必ず筐体にパーツを組み込むこと。」

BOSSはジャック周りでアースを筐体に落としてるようなので、ジャックがケースに接地していないと上手く動作しないことがある。

例えば今回の場合はタップ入力の基盤を外したままではタップ入力が反応しない。

↓のページで質問している人はまさにそこで困っているようだった。

このように外した状態だと反応しない。

ペダルをいじるときは横着せずに組み込んで動作を確認しよう。

自作のペダルでも音が出ないとか、上手くいかないときはまずアースと電源を疑うものなんです。


送料と工賃を掛けて工房に依頼するよりは工具を揃えて自分でやったほうが当然ながら安上がり。

穴開けに不安があるのであれば依頼したほうが安全だけど、しっかり場所を決めて落ち着いてやれば大丈夫ですよ。意外と。

ちょっとの改造でめちゃめちゃ便利になるのでこれは苦労してでもやってみるといいと思う。お勧め。

まぁ中古で手放すようなことを考えるのであればそもそもやるべきではないんですけど笑