「ウイルオフ」の歌をロックアレンジしてみた!

こちらの動画の楽曲を作りましたー!

短い尺なのでパパッと作ったわりには色々なパターンが生まれましたね。


ざっくりと後書き的な。

パターン1

これはシンプルに一番最初に思いついたもの。

ドラムの打ち込み含めて全て自分が演奏しているのですが、これはベースが良い感じに弾けたと思います。

パターン2

しどうが気づいたな!笑

数パターンのうちの一つのつもりの案だったのでアレのオマージュを。似てるというかそれです。

パターン3

ある意味では一番ベタなロカビリー風。CMソングっぽいですよね。

このパターンだけはリズムがハネていて少し違うノリのパターンを作った感じです。

パターン4

マイナー調でカッティング。ちょっと意外性のあるアレンジを目指して。

これは絶対採用されないだろうとウケ狙いだったのですが意外と好評でした。


自分のアレンジは元のメロディはそのままに、バックのオケを変えることで面白く聴こえたら良いなと思って作りました。

最後のパターンもマイナキーのアレンジだけどメロディは原曲そのままなんです。ポップな感じだったのがカッコいい系に聴こえる不思議。

メロディだけでは明るいか暗いかは意外とハッキリとしないものなんです。勉強になるね!


結果的にはウイルスを撃退しそうな感じになってます笑

歌入れの時のアイディアがあってさらに面白くなっていくのが曲作りの楽しみですね。

「ピザが食べたくてしょうがない皆さんの気持ちを代弁しました」

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

jubeatの新曲「ピザが食べたくてしょうがない皆さんの気持ちを代弁しました」を弾きました!!!

この曲はベースも結構目立つ感じで弾いてるのでぜひチェックしてほしいぞ!

どんな曲かはぜひ実際にプレイして確かめてくれ…!


追記

早速プレイ動画が!

すげー!!!ソロまで譜面になってるんだなー笑

VOX MV50 Cleanをプリアンプとして使う。

そういえば今年初めてかも。色々あったんですがそれはもうちょっと言えるようになったらその時に。

さてさて今回はVOXのMV50の話題です。

裏技ってほどでもないと思うんですがこんなのありますよ、って雑な動画を作りました。


MV50はアンプのラインアウトに繋ぐシールドを半差しにするとキャビネットのシミュがスルーされます。

これによってプリアンプとして使えるので、他のアンプのリターンに繋いだりIRと組み合わせるといったようなことも可能になるという。

MV50本体のキャビシミュがあまり好みでない方はこうしてラインで使ってみるのと面白いんじゃないでしょうか。


自分の場合はMarshallやJC-120のリターンに繋いで真空管プリアンプとして使ったりすることが多いです。

こうして使う場合、アンプによってはリバーブやプレゼンスがそのまま使えるし出力に余裕も出るので音量のバランスがとりやすい気がします。


他のアンプと組み合わせたサンプルも録ってみたいですね。

スタジオやライブハウスでキャビを借りなくても使えるアンプだということがもっと広まると面白いと思うんですよねー。

MINA EVE Birthday 2020 Digest

先日の配信ライブのダイジェスト版が公開されました!

普段のライブだとなかなか映像が残らなかったりするのでちょっと新鮮。

アコギもエレキもいい具合の音色になりました。

MS-50Gのシミュも悪くない!弾いてる時はちょっと違和感あったけどオケと混ざると良い感じ笑

コンパクトなライン出しならこれで良いかもな〜。

配信ライブ無事終了!

1日に2本の配信がありましたがミッションコンプリートです。

かねあいよよかの方はこんなセットリストでした。

全曲たくさん弾きましたね。Burnはかなり久しぶりに弾いた気がするけど、やっぱりバンドでやると楽しいです🎸

カメラとPAも本格的だったので何かの機会で公開されたりしたらいいな〜。

機材はお馴染みのやつ。

アンプは懐かしのヤマハ!!名作ですね。


配信ライブなのでいろんな国から視聴してくださっていたようでコメントも面白かったな〜。

投げ銭もありがとうございます。めちゃめちゃ弾いた甲斐がありました。


二本目はMINAちゃんのバースデーライブ。

こういう時はやっぱりジャズマスターでしょー。

足元は変わらずなんですがエレキの音はMS-50Gからライン出ししました。

マッチレスのモデリングをクリーンにして歪みはペダルで。一応JC-120借りたものの鳴らさなかったです。

こちらはアコギとエレキの持ち替えで彩豊かな感じなったかと!

欲を言えばガットギターも一本欲しいくらいだったなぁ。ワンマンだと機材で贅沢できるのがいいですよね笑


ライブは今年はもう無いかな。

レコーディングとかそっちの報告はまだ今年もありそうな感じ。今年はのんびり年越ししよう〜。

カテゴリー Live

CAJ Power Cable USBは便利だという話。

告知ばっかりだとあれじゃないかっていう。

最近の足元です。すごくシンプルかつ省スペース。

Vemram Jan RayからOvaltone GD-013、KORGのチューナー、ZOOM MS50G。これで大体なんとかなる。

12日の配信ライブもこの機材でやります。ポップなのはJanRayでロックなのはGD-013だと思っていて間違いないです笑

チューナーが歪みの後ろなのはスイッチノイズ対策です。

トゥルーバイパスのペダルは踏むとバツっと鳴ってしまうので、それをミュートするには後ろに置くのがベストなんですね。

ZOOMはもう小型ボードの必需品。

揺れものメインで使うことが多いけど、ソロで音量をあげるときにも踏みますね。

もうひと回り大きいモデルだとできることも多いし音も良いのですが、こうやってボードに収まるからMS-50Gがベストなのです。


さて、今回のメインのお話。


電源はモバイルバッテリーです。大容量のものでも今はもうそんなに高価じゃないんですね。

バッテリーからはCAJ Power Cable USBを通して電源を取っています。

このケーブルは凄く良い。他社の同じような変換と比較してもノイズが無いです。

USBの電源ブロック使えばコンセントからの給電もできるし、なんならkemperやPCのUSBからも電源を引っ張れる。

ただ、アナログ歪みペダルのように消費電流が極端に少ないものに関してはバッテリーが途中でオフになる場合があって注意ですね。

消費電流が少なすぎると給電していないと判断されてしまうっぽい?PCのUSBでも同じく電力不足のポップアップが出ることがあったりなかったり。

なので、セッションで歪み一個のためにバッテリーとこのケーブルのセットは不向きかも。こういった小型ボードとか小さいマルチエフェクター向きですね。

ちなみに音質はこの機材ではほぼ変化無いです。

厳密言うとちょっとだけハイファイになるんですが、実際にアンプを鳴らす時は変わった分を耳で補正して音作りしてしまうので変化を感じない。その程度ですかね。

おそらくファズとかそういう類のものは大きく違ってくるんでしょうけど、ファズをしっかり使う人はこういう電源をそもそも使う気がないでしょう笑


ということで、エフェクターが3〜5個くらいだったらめちゃ便利に使えます。

あとはサスティナー搭載ギターの電源にも使えて便利かもですね。あれ電池だと一瞬で消費しちゃうんで。。

使い道はたくさん考えられるなー。一家に一本、いや二本くらいあって良い。

類似品が色々とありますが、使うならCAJがオススメです。ちょっとカッコいいから笑

カテゴリー Live

配信ライブいろいろ

12/12の昼12時からはかねあいよよか配信ライブです!!

カメラも複数台入って音も良さそうな感じですよ。

ギターはかなりがっつり弾きます。お楽しみに。


そして同日の20時からはこちら。

MINAちゃんのライブにてギター弾きますよ〜。

こっちはアコギもエレキもどっちもアリのやつ!

当日はこちらのページから配信の予定とのこと。

https://www.youtube.com/channel/UCE2SwQ4EOh3MgHctCoMWSAQ

ということで一日中配信ライブします!!!よろしく!!!!!

カテゴリー Live

ツクヲサキ / RESET!

こちらの楽曲でギター弾いております!🎸

ゴリゴリっとロックなやつです。やっぱりハムバッカーは最高だよな!って感じのいいバッキングだと思います。我ながら。

ソロは思い切り捻りました。それとなく柴崎浩リスペクトな感じです。


よく意外に思われるのですが実は自分の芸風的にはこういったロック系が一番好きな分野だったりして。

ハードロック系のギターなんだけど歌物特有のスタンスのギター。こういうのなんて言うんでしょうね?

ともかくそういった類の演奏スタイルが好きなので、ギターソロでペンタ一発アドリブ勝負!みたいな感じは少ないんですよね。

youtubeのリストで参加作の一部をまとめてあるので聴いてみておくれ!