L.R.BAGGS Venue DI

先日のライブからL.R.BAGGS Venue DIを導入しました。

写真 2018-04-08 17 43 28 (1).jpg

自分のアコギには同社のAnthem SLが載っています。

正直、これだけでも十分通用する音はしてます笑

バンド形式のライブでもハウリングした事も無いし、弾き心地に違和感も無い。

非常に優秀なPUだと思います。

しかしスタジオでのリハの際に手元もしくは足元にEQが無いと何かと不便で導入したというわけです。

なのでライブの時はチューナー兼ミュート兼ブースターみたいな扱い方になりますね。

 

DI自体の音質はわりと素直で良いと思います。ちょっとプリッとする?

 

 

自分の場合は大幅にいじることはあんま無いかな…おそらくローカットと他の楽器と干渉しやすいローミッドあたりの処理がメイン。

ブースト機能はガンガン使いそう!笑

2本持ち替えするときの音量調整にも使えるし便利ですよ〜。

 

これさえあればもうアコースティック現場での機材は大きく変わらないでしょう…w

あ、でも441Hzの場合はチューナーを別途用意しなきゃだね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中